Brands

 
前の商品 次の商品
【 p.b.d. ピー・ビー・ディー 】 【 p.b.d. ピー・ビー・ディー 】
【 p.b.d. ピー・ビー・ディー 】 【 p.b.d. ピー・ビー・ディー 】

【 p.b.d. ピー・ビー・ディー 】

価格 : 0円(税込)
数量
 
かごに入れる すぐに購入


【 p.b.d. phenomenon beyond description (ピー・ビー・ディー フェノメノン ビヨンド ディスクリプション 】

デザイナーのミヤザキ カズヒロは、1968年、日本生まれ。

海外勤務が多かった父が持ち帰った外国のコインと手先が器用で身につけるものを何でも手作りしてしまう母の影響が、彼のジュエリーデザインの原点になったという。

1980年代にアートスクールに通い、ブティックでのアルバイトを通してインディアンジュエリーに出会った。
そこでシルバーの彫金を独学で学んだ。

1990年代にアパレル会社に就職し、そこでアメリカへの出張がきっかけで、ヒッピー文化の象徴であるサイケデリックジュエリーやリサイクルジュエリーに出会い、自分でもジュエリーデザインを始めた。

1990年代終わりに仕事を辞めてジュエリーデザイナーとしての道を歩み出した。

イギリス、フランス、イタリア、オーストリア、そして中国やベトナム、インド、インドネシア等のアジア諸国を旅した。

そこで様々な文化に触れたことが、その後の人生に影響したという。

インディアンジュエリーのただのマネではなく、それを超えて、100年後にもヴィンテージとして大切にされるような作品を目指す。

ネイティブアメリカンの文化や西洋の技術、異なる文化や時代をミックスした作品を追求する中で、アンティークコインを使った作品を作り出した。

さらにコインは世界各国で幸運のお守りとしても考えられているところも彼を惹きつけた。

アメリカの1900年〜1960年代のヴィンテージシルバーコインを使って作られるジュエリーは、日本で高い技術ハンドメイド加工が施されて作られる。

そのため、ひとつの作品に何時間、時には何日もの時間がかけられることもある。

ブランド名を短縮して 【pbd ピービーディー 】 とも呼ばれている。


◆ウェアーライン◆

ウェアラインナップは、アクセサリーラインと違い、男臭い雰囲気と70年代の音楽と、不良のドレスアップ感をまとめ上げながらもきれいにまとまる商品群。

古着を愛するデザイナーらしい細部に拘ったアイテムです。

◆アクセサリーライン◆

50年〜100年前のオールド銀貨を使用し加工したアクセサリー。

銀の含有率がもっとも高いコインを使用してあるため、燻しの出具合を含め他のシルバーアクセサリーと遜色ない存在感のあるアイテムが特徴です。

◆ 2012年 A/Wシーズン より取扱開始 ◆
"



最近チェックした商品